2007年6月18日 (月)

レッドシーダーは乾燥材?

さて、ティンバーフレームに使う8寸角の太い材料。そんなに太い無垢材は調整が必要では?乾燥は大丈夫?と質問されることがしばしばありますので、ちょっと長いですが書いてみましょう。

まず、木材の乾燥に関してですが、そもそも何故乾燥が必要なのでしょうか?
木材は、生きているので、伐採前には当然水分を含んでいます。木によっては、体重の半分以上が水分という木もあります。

木材は、乾燥をして行く課程で、収縮し、その収縮の度合いが部分的に異なりますので、曲がったりよじれたりします。
また、水分が多ければ、白蟻や腐りの原因の腐朽菌にも弱くなります。

そこで、品確法(住宅の品質確保の促進に関する法律)と言う法律で、構造材に関して表面含水率20%以下、と言う基準を設けています(日本の法律です)。

一昔前は、乾燥だ、含水率だと言う細かいことは言われませんでした。
それは、家造りがゆっくりとなされ、完成までに結構乾燥することや、真壁といって、いわゆる和室の柱が見えている造りのように、構造材を壁の中に閉じこめてビニールでくるむ、 と言ったことがなかった点が大きいと思います。

しかしながら、現在ではそのような工法が主流の為に、乾燥が重要になります。
乾燥が十分でないと、構造的なボルトもゆるみます。
リフォームで小屋裏に入ると、構造材のボルトは、殆どの家は手で回るくらいゆるんでいます。

その点、乾燥した材の寄せ集めですから、集成材は優れています。

ですので、現在の無垢の構造材に関しては、各社乾燥度合いにしのぎを削っています。

我が社は含水率○○%です!内部まで乾燥しています!
みたいな、お施主案の希望とはちょっとずれた宣伝を一生懸命しているのはちょっと滑稽だと感じますね。

乾燥によるメンテナンスが大変、と言う点で、一番分かりやすいのがログハウスです。

ログハウスは木を積み上げていますので、一本一本が収縮してくると、家全体の高さまで
変わってきます。
だいたい5cm以上建てた時より家が小さくなります。
「セトリング」と言いますが、この収縮を上から下まで貫通したボルトを使って毎年のように
締めて行き、ずれた柱に関しても、上部に付いたボルトで高さを調整します。
5年程度で落ち着きます。

大変ですね。

では、ログハウスは何で乾燥した木を使わない?と言えば、大経木の材料は、そもそも強制的に乾燥させること自体が難しいからです。

世界中どんな乾燥する釜(要するに温度を上げて強制的に水分を抜くわけです)を持ってしても、4寸角以上の木材を完全に乾燥させるのは困難なのが現状です。

また、この強制的に乾燥させる場合、自然に天日で乾燥させた場合と違い、「内部割れ」と 言って、表面が割れずに内部に大きな割れが出来、この割れがどういう訳か、柱の端部から覗くと向こうに光が見えそうなくらい連続して割れるのです。
これは直感的にまずいですね。

さて、乾燥に関して、マイナスのことばかり書きましたが、ここで話を戻しましょう。

そもそも、この含水率という法律が出来たのは、耐久性を担保する為の指針であることは
触れました。

乾燥していることの度合いとして、含水率計と言って、計器を木の表面に当てると、含水率が表示されるという非常に分かりやすい方法で、品質の基準を作ったわけです。

ただここに大きな落とし穴がありまして、そもそも、水分をどの程度含んでいるというのは、木によって大きく違うわけです。それを「20%」とか決めてしまった点に問題があります。

例えば、林に立っている木で、杉と桧の区別が付きますでしょうか?
好きな人は一目瞭然なのですが、一般の方は違いが分かりません。似ているからです。

でも、伐採して運ぼうとすると、大きな違いがあります。
桧は比較的軽いのですが、杉はもの凄く重いのです。

ところが、乾燥した製材は、杉は非常に軽く、桧は重いのです。

これは、杉の含水率がもともと非常に大きく、桧は比較的低い為です。

で、話が長くなりましたが、レッドシーダーはどうでしょうか?

オールドグロスと呼ばれる天然林のレッドシーダーは、極度に目が詰んでいます。
厳しい自然の中で生きてきたので、成長が極端に遅いのです。
使用する木材は、150年~250年クラスです。

目が詰んでいると言うことは細胞も小さい、水分細胞も小さい、と言うことです。
そもそも極寒のカナダの森では、もし水分を多く含んでいては、凍裂と言って内部の水分が凍って膨張し、生きながらも割れてしまいます。

ですので、含水率が低いわけです。

マクスで使うレッドシーダーは、実は、乾燥させていません。
でも違法ではありません。
含水率計で計るとちゃんと20%以下です。
そもそもそんなに水分を含んでいない木なんです。

先週末、事務仕事をすっぽかし、会社を抜け出して現場へ…。

これは、チェーン・ノミと言う機械で、レッドシーダーの梁に、柱のホゾという部分がささる穴を開けています。

Simg_3349

こんな感じで切りくずが出てくるわけです。これがまた良い香りだモンですから、ついつい現場に行っちゃうんですよね~ぇ。やっぱ良い世よなぁ…

Simg_3350

でそれはさておき、前に書きましたが、柱のホゾは5寸有り、レッドシーダーの梁は8寸角ですので、この穴は、中心部まで十分達しているわけです。

でも、この切りくずを手に取ってみると…

Simg_3351

あ~ら不思議、乾燥してるじゃん、と言うと大げさですが、湿り気が随分少ない!

それだけ水分含量が低いって事の証です。

そして、水分が少ないだけでなく、腐りや白蟻に対して非常に強いので、法律の根拠の何故乾燥させなければならないか?と言う趣旨から考えると、機械で強制的に乾燥させる理由がありません。

では、割れや狂いは?

あります。
でも、松のように、指が入るような大きな割れは、細胞が小さく、収縮量が小さいレッドシダーにはおこらず、小さなヒビがいくつも入ります。

乾燥収縮でボルトがゆるまないか?

多分多少のゆるみも出るのでは?と思います。
ですが、ログハウスのように毎年それを締める必要があるという物ではないのはイメージ頂けるのではないでしょうか?

そもそも、ティンバーフレームの場合は、現在木造住宅の90%以上である機械加工のプレカットの様な、木を組まずに金物でくっつける家とは違います、

しっかりとした頑丈な仕口(接合部)で、組み上げるので、法的に金物は入れるのですが、
それはあくまでも補助的な物と私は考えています。

ですから、「むく材だから」、と言う特別なメンテナンスは必要ないと思います。
知り合いでも、お友達でも良いです。
木造で新築した方に聞いてみて下さい。

無垢の構造材で建てた家にはメンテナンスが必要で、乾燥した集成材で建てた家にはメンテナンスが必要ない、と言うことがあるでしょうか?

…そんなことはないですよね(笑)。

マクス 鈴木

| | コメント (1)

2007年6月15日 (金)

ティンバーフレーム到着!

昨日は待ちに待ったティンバーフレームのフレーム材がカナダから到着しました。

あいにく朝から雨…

しかしながら、現場の交通事情から、道路使用許可も昨日で取ってあるし、トラックも交通整理員も全てスタンバイ済みだったため、泣く泣く決行!

Simg_3309

コンテナを開けると、はぁ~っ、この何とも言えないウエスタンレッドシダーのかぐわしき香りっ!泣けますっ。

この24cm角の太い柱!最高ですっ。

Simg_3316

さすがに大工もなれているので、レッカーで次々に搬入。

しかし、難題はこの桁っ!

分かっちゃいるけど長いっ!

12mを越えています。一本で。

Simg_3317

コロを噛ませて…、

Simg_3318

「おら、おらぁ~っ」…、

Simg_3331

当然コンテナもでかいです。

Simg_3332

長い…

Simg_3333

な、長い…

Simg_3339

カメラに入りきらない…

Simg_3346

やったー、無事終了!

どうでしょう、この現場の広さを無視した(笑)圧倒的なボリューム感。

理屈抜きでこれなら頑丈だと誰でも感じるこの太さと長さ。

死んだ爺さんが「材料を濡らすのは大工の恥」何てよく言っていましたが、今回ばかりは爺さんごめんなさい。

でも、機械で強制的に乾燥させたのではないこの材料は、多少濡れたからその品質が下がるとか、そういう次元を超越した存在なのです(完全に言い訳…)。

とにもかくにも、この材料が好きです!

マクス 鈴木

| | コメント (0)

2007年6月14日 (木)

木の家の強さの秘訣

ティンバーフレームは、8寸角の柱と梁で構成する、頑丈な造りですが、何度も書きましたが、全ての柱が8寸というわけではなく、要所要所が8寸という意味です。

現在会社では、ティンバーフレームと合わせて使う、桧の3.5角の柱を加工中です。

Simg_3307

そして、これが、梁に差し込まれるホゾという部分。

Simg_3308

うーん、長いですね~。

私は、木造で一番大事なことは、この長いホゾが全てと言っても過言ではありません。

現在二本の木造建築の9割を占めるプレカットという機械加工。

プレカットでは、このホゾは約6~7cm。

短すぎです。

だから金物でがっちり固定しなければ立っていられないんです。

「木造住宅は何百年も建ってる神社があるんだから長持ち」

「木造住宅は揺れて地震を減衰させる力がある」

これは、ホゾが長くて始めて正しい意見と言える事、そう私は確信しています。

それが「木を組む」と言うことだと思うんです。

もちろん、「木を組む」と言うことは奥が深く、もっともっと複雑な仕口や架構も沢山ありますが、少なくともこのホゾが長いと言うことが、木造住宅を頑丈に建てるには、重要なことだと思います。

マクス 鈴木

| | コメント (0)

2007年6月13日 (水)

桧の土台敷設

本日は早朝より三島まで走り、ティンバーフレームの現場で桧の土台にかかっています。

Simg_3304

いや~、やっぱりなんだかんだ言ってやっぱり桧は良いですよね~っ。

日本人の心ってゆうか、この香りはなんと言っても安らぎますよね。

5/25日のブログに書いた、柱の引き抜きを防止するための、ホールダウン金物という重要な金物を留めるボルトも、この様にしっかり収まっています。

Simg_3298 Simg_3299

25日のブログに有るとおり、このボルトが基礎の奥のベースの鉄筋と絡んでいるので、絶対に抜けないんです。

そして今回も、基礎のコンクリートと桧の土台は、通常使用される樹脂のパッキンじゃなくてステンレスのキソパッキン。

Simg_3302

この上に桧の土台を敷くわけです。

これで耐久性はばっちり!

奇抜なデザインよりも、斬新な間取りよりも、とにもかくにも耐久性!

家族のためにも環境のためにも、家は長持ちしなきゃだめなんです。

さ、あとはいよいよレッドシダーの8寸角の柱と梁を現場に搬入!

何回か書いていますが、このレッドシダーも、桧の仲間。

楽しみだな~ぁ。でも、雨降らないで欲しいなぁ…。

マクス 鈴木

| | コメント (0)

2007年6月12日 (火)

背割れの無い桧の柱

三島市のティンバーフレームの現場は、いよいよ材料の搬入が近付いてきました。

私も大工も何となくソワソワ…。

ただ今会社では急ピッチでティンバーフレームと組み合わせる在来工法の部材を手加工中です。

これは今回使う桧の柱。

Simg_3296

三寸五分角、つまり、3.5寸×3.5寸(10cm5mm角)の柱です。

通常、無垢の柱には、背割れ、という切れ込みが入っているのは皆さんご存じだと思います。

あれは、ノコギリで切れ目を入れておくと、木がそこから収縮して開いてくるので、その他の面の表面が割れるのを防ぐ役目があります。

ただ、こまるのは、最近は法律上、特に金物の使用量が増えたので、その背割れの部分に金物が来ると、釘やビスが効かなくなり、どうしようもなくなってしまうことが多いのです。

そこで、背割れの無い桧の柱を使用。

人工的に乾燥させてあるのですが、自然に乾燥させた時と違って、外側よりむしろ内部に割れが入るんです。

理由は不明ですが、自然の状態と違うと言うことはやっぱりあまり良くないのかも知れません。

ですが、この家はティンバーフレーム。

要所要所は8寸角の柱ですから、その辺は良しとしましょう。

8寸角の柱は、通常使うこの3.5寸の柱の、5本分以上の太さ!

現場では、この桧の柱が恐ろしく細く見えるんです。

楽しみです!!

さてさて、話が変わって楽しみと言えば…

200706111938000

お~っ、この何とも見目麗しいこの網網ちゃんは、メロン様じゃぁないですか!!

昨晩、私の「尊敬する」「偉大なる」前の上司様からのプレゼント!

子供達も大好物。

「となりのトトロ」でメイちゃんとサツキちゃんが、芽が出たドングリ畑のまわりを、

「夢だけど、夢じゃなかったぁ~!」と叫びながらインディアンのように踊り狂うシーンがありましたが、昨晩はまさにその状態。

「うぉ~、めろん、めろん、めーろーんーっ」

と二人で狂喜乱舞。

長男には、

「毎日一個ずつを四人で分けたら、何日食べられる?」

 「よんにち!」…(おっ、天才?)

「じゃぁ、四日間でお前一人で何個分食べられる?」

 「よんこ」

…やっぱり我が子は普通の頭脳の持ち主のよう。

ま、でも子供の成長は、それなりの楽しみ。

今は、このメロンが熟して食べられる日がとってもとっても楽しみ!!

マクス 鈴木

| | コメント (0)

2007年6月 7日 (木)

堅い米松

数日前、米松はや~めた、と書きました。

やめようと思うんですが、まそれなりに良いところもありまして…

ドライビームと言って乾燥させてあり、寸法安定性が高く、後々の狂いが少ないのが一つ。

もう一つは、乾燥するともの凄く堅くなるんです。

Simg_3257

すぐのみが切れなくなるので大工も大変です。

これは「アリ」という仕口ですが、米松のアリは、杉に比べてやはり強い。

Simg_3258

でも、やっぱりこの目は無いよなぁ~…。

適材適所かな。

マクス 鈴木

| | コメント (0)

2007年6月 4日 (月)

もう米松は や~めた!

先週もちょっと書きましたが、最近の世界的な資材不足&高騰を受け、日本の木造建築で梁として一般的に使われている米松の品質がどんどん落ちています。

国産の杉や松の品質・量が担保されていなかったためです。

もちろんかといって集成材は使いたくないし…

この様なひねくれてる梁は、使い物にならない。

Simg_3204

すぐ交換してもらいます。

Simg_3203

「こりゃ~ひでぇ~ねぇ~、すぐ交換させます」なんて富士弁丸出しで人ごとのように材木屋の担当が言うので、

「ブログに書いちゃお」

と言うと、「んなぁ~虐めないで下さいよぉ~」と、慌てて引き上げて行くのでした(笑)。

Simg_3205

こうして、材料の善し悪しを見分けられる職人と、文句を言わずすぐに交換する材木屋がいればいいのですが、それにしても手間がかかります。

ま、そもそも、現在の木造建築の実に90%以上がプレカットと呼ばれる機械加工。

この様に手間暇かけてゼロから手加工する技術は、いつまで日本に残せるのか不安になりますね。

というわけで、次回からは、米松はもう止めて、梁は国産材にシフトして行こうと思います。

マクス 鈴木

| | コメント (0)

2007年5月30日 (水)

地鎮祭

今朝は朝から地鎮祭でした。

Simg_3150

ここ富士市の現場は、ティンバーフレームではなく、普通の在来工法の家です。

ちなみに三島市のティンバーフレームの現場は着々と進行中。

Simg_3143

本日カナダから船が出たとの報告があったので、あとは待つだけです。

こちらは諸事情により、構造・完成などの各種見学会は一般公開致しません。

お申し込み頂いた方毎限定で見学可能ですので、ブログを通してのお知らせをお見逃し無く。

さて富士の現場は平屋のお宅。

ライフスタイルによっては平屋もアリですね。

こちらもブログでアップして行きますのでお楽しみに。

明日は、私は千葉まで一日出張となりますので、ブログはお休みです。

また金曜日にお会いしましょう…。

マクス 鈴木

| | コメント (0)

2007年5月29日 (火)

米松

三島市のティンバーフレーム住宅の材料を、大工が加工始めました。

桧の土台が終わり、これは8寸角のレッドシーダー以外の部分に使われる補助的な梁で、材種は米松(ダグラスファー)。

Simg_3141

ダグラスファーは、強度があり、特に曲げに対して強いので、日本の木造建築では梁に多用されています。

ただ問題点もあります。

外国から輸入される木は乾燥していないので、乾燥機に入れて人工的に乾燥させるのですが、乾燥した材は、ドライビーム(乾燥させた梁材)として付加価値が上がり、価格が上がります。

乾燥していないまま使うと、ひどく暴れて狂ってしまうからです。

この乾燥の際、目の詰んだ良材はピーラという名前で選別されるので、結果ドライビームは木目が粗く、木としての品質が悪いのが何とも悲しい現実です。

特に近年の世界的な好景気と建築ラッシュによって、世界的に木材が不足気味で、品質は落ちる一方、価格は上がる一方なのです。

そこで日本材も見直されては来たものの、やはり品質と数がそろわない。

痛し痒しです。

我慢ならない材料は交換して、あとは大工の技術でカバー。

Simg_3142

この様に墨付けをして、材料の方向や癖を見ながら加工します。

やっぱりレッドシーダーのあの木目を見ちゃうとね…。

マクス 鈴木

| | コメント (2)

2007年5月25日 (金)

どうしてもこれだけは自分で…

昨日のお誕生日は暑い中の基礎工事でした。

(お誕生日コメント沢山有り難うございました)

ティンバーフレームは、百年持つ木造!、と言い切ってるので、それに見合う基礎を作らなければなりません。

昨日は、ベタ基礎のベースの部分のコンクリート打設でした。

寡黙な職人さん達に全てお任せ、と言うと楽なのですが、どうしてもこれだけは自分でやらなきゃ気が済まない、と言う行程がありまして…

Simg_2960

これです。

建物が揺すられた時に、地震の力は、柱(特に四隅の通し柱)を引っこ抜こうとするもの凄い力が働きます。

どれくらいもの凄いかというと、建物を頑丈にするほどその力も増すのですが、阪神大震災クラスで4トン以上の力だったと言われています。

その際に、柱が引っこ抜けない様にするのが、ホールダウン金物、つまり写真のこれです。

私は必ず、この金物の設置を自分でやります。

家の、と言うかお客様家族の命を守る大事な金物なので、職人任せにしたくないんですね。

で、通常、60~70cmのが多いですが、私が使うのは一番長い1mの。

それを、ベースの鉄筋に絡めてやります。

Simg_2961

こんな感じ。

こうして規定より10~20cm深く埋め込んでやることで、絶対に抜けない安心感&自己満足が得られます。

Simg_2969

こんなふうに埋まるんですね。

さらに基礎は立ち上がるので、深~く埋まるというわけです。

あとは暑いので職人に頑張ってもらいました。

監督がちゃんと見てれば(見て無くてもうちの職人は大丈夫ですが…)、水を入れてコンクリートを弱くする様なこともしないし、生コン車の伝票も確認すれば、強度も明記されている。

Simg_2962

↑人差し指の先が強度。通常18Nより強い21Nで打設。

Simg_2963Simg_2970

鉄筋も縦横15cm間隔だから見るからに頑丈そう。

暑い作業のあとのお誕生日会の夜のビールも最高でした。

マクス 鈴木

| | コメント (0)

より以前の記事一覧